キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

大相撲の「制限時間」と「待った」はどうして生まれたのか?

お役立ち情報!!

大相撲の「制限時間」と「待った」はどうして生まれたのか?
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

無料会員募集

大相撲の「制限時間」と「待った」はこうして始まった。

最近の大相撲人気は凄いですね。

テレビの週間ランキングトップ20位に、15日間全部入っているんです。

テレビを見ていて立ち合いが気になりました。

待ったが多いですね。

相手に合わせて仕切っていない人ばかりで、見ていて不愉快ですね。

相手より少しでも早く立ちたい、こればっかり!!

だから、押したり引いたりの相撲しか取れなくなるのでは?


本来「待った」という制度は必要ないですよね。
お互いが相手に合わせて仕切るのが当たり前なのですから、

「待った」という制度が有るから、自分の好きな時に立つわけですよ。

腹立つ!!

では「待った」は相撲が始まった時からあったのか、気になりますね。


今のお相撲は、「待った」を駆け引き使うから、面白くない相撲になるんだと思いますね。

すいません!

待ったの前に、制限時間から話さないといけなかったですね。

制限時間というものが何で設けられたのか?


制限時間は時代と共に変わって来たようですね。


昭和2年に、大日本相撲協会が設立された時に制限時間を作ったようです。

昭和2年以前には制限時間は決められてなかったようですね。

ではなぜ作られたか?

以前の仕切りは20分とか25分は当たり前だったようで、お互いが戦う気になった時に立ったようです。

それではお客さんもイライラしますよね。

早く勝負しろとやじる人もいたかもしれませんね。
これは私の考えですが(笑)


それで幕内は10分以内、十両は7分以内、2段目は5分以内と制限時間を設けたようです。
(幕下と三段目が分かりません、 色々探したのですが資料が見つかりませんでした)


昭和3年頃は、ほとんどの取り組みは、制限時間前に立っていたようです。


「待った」が生まれたワケ!

「待った」を最初にした取り組みは、江戸時代の享保年間の初代の谷風と八角楯右衛門戦だそうです。


無敵の谷風に八角楯右衛門は「待った」を繰り返し、谷風をじらし、

じれた谷風を引き落としで(押し出しの説が有りました)勝ったそうです。



「大相撲裏面史」小島貞二氏によると
八角が行司の尺子一学に相談し、尺子一学が「待った」を教えたのだそうです。
それは谷風が立合いにイライラする性格だということを、行司の尺子一学がよく知っていたそうです。



また双葉山が、1942年夏場所から36連勝を続けていた時に、対戦した松ノ里のジラシ戦法で、冷静さを失い負けた原因も「仕切り」にあったそうです。


二子山理事長(元横綱・初代若乃花)の時代に、「待った」に対して罰金制度が設けられました。(平成3年(1991年)秋場所から)

「待った」は相撲の緊張感をなくし、勝負の駆け引きに使われて、
みっともない行為だということで制度が設けられたようです。


しかし効果が無く、平成10年(1998年)9月場所限りで罰金制度は廃止になりました。


制限時間を越えて、待ったをした者は負けにして欲しいです。

正々堂々と戦って欲しいですね。


無料会員募集

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

タグ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ